くすみは多くの女性の悩み

緑茶は、お茶の中でもトップクラスの最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。

カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの効果をさらに高めてくれます。

メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミンCをしっかり摂取したいので、カテキンとビタミンCの両方を同時に摂取することが可能なので、肌にメラニンが増え、シミの原因になることを予防してくれるのです。

お顔のくすみは多くの女性の悩みですよね。

そんな時は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。

くすみの元は毛穴につまった汚れ「角栓」。

生活リズムの乱れなど、お肌の新陳代謝を妨げると、肌の上に古い角質が残っていってしまうのです。

洗顔の時にはぬるま湯を使うのがポイントで、肌の保湿成分が配合された洗顔料でたっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。

週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用すると効果倍増です。

お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。

そもそもシミとは何なのかに着目すると、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素が皮膚の表面から剥がれ落ちず蓄積されたものをいいます。

お肌のターンオーバーを活性化できれば、シミの軽減が期待できるのですが、家庭やクリニックでピーリングを行い、古くなった角質を除去すると、さらにその効果が期待できます。

ですが、ピーリングによる過剰なケアはお肌の負担となってしまう危険性もあります。

肌のくすみは、紫外線やターンオーバー周期の乱れによって引き起こされるとも言われます。

不調がちなお肌の調子を整えるものとして、アロマオイルが挙げられるのです。

特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、肌のくすみ解消にはもってこいです。

マッサージに利用するもよし、スチームを利用する際に、何滴かをたらして使用するのもありです。

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。

ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝で囲まれた部分である皮丘によって、皮膚表面に作られた模様のことをいいます。

この模様、キメが美しい肌というのは皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。

しかし、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が乾燥しきった挙げ句に荒れてしまうと、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。

荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、表皮に守られている真皮も、ダメージを受けてしまうことになります。

真皮がダメージを受けてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷を受けることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。

かゆみのある時に肌を強く掻いてしまったり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、肌が薄くなることがわかっています。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これは薄い層の重なりで、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。

皮膚のバリアの役目がある表皮が減って薄くなると、その下の真皮にもダメージを受けることが多くなってしまいます。

こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、こうしてシワやたるみは生まれます。

どのようにして肌にシワができるのか、その原因としては、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

屋内でエアコンの風にさらされたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も一緒に流してしまった時などは特に注意をした方が良いでしょう。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、とにかく保湿を何度でも行なうようにすることが乾燥によるシワを防ぐためには大事なことです。

例えばスプレータイプの化粧水を持ち歩いて、どこでもワンプッシュするようにしたり、汗をかくほど動いた後には、保湿を忘れないようにしましょう。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにぜひ食べてほしいものです。

食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。

紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が紫外線に敏感に反応するよう働き、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

アヤナスのトライアルの口コミでは、美肌のために食べるのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。