月別アーカイブ: 2018年10月

お守りの力に頼ってみる

子供を持とうと妊活の真っただ中の方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。
一例を挙げると長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、こちらで販売されているお守りは、何かとつらい妊活時の気分を落ち着かせて安心につながります。
それ以外にも、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、色々なアイテムを試すのもおすすめです。
妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは多くの人が知っていますが、それだけでなく妊娠後期に入っても妊婦にとって葉酸は欠かせない栄養素の一つなのです。
葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。
そのため、妊娠初期を過ぎても、妊娠中期以降も、できれば授乳中も葉酸を必要量は確保して欲しいと思います。
少しずつ暑さが増してくるとうっかり冷やした飲み物を飲みたくなってしまいますが妊活時には、出来る限り体を冷やす飲み物は控えた方がいいでしょう。
それに対して、ホットな飲み物をとることは血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。
飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。
人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることはかなり知られています。
血行が悪くなると身体各部に悪影響があるもので、腰痛や肩こりの他、冷え性や不妊の原因とも言われているので、そういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。
このとき、ビタミンEも摂るようにすると相乗効果が期待できると覚えておいてください。
母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が積極的に摂って、必要量を確保しなければならないという知識が定着したようですが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので食材から所要量を全て摂ろうとすると大変なことが多いようです。
水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法を勉強することも必要でしょうし、不足する量をサプリなどで補充するのも積極的に考えていきましょう。
カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、ハーブティーで代用という方が多いです。
その一番の理由として、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。
例を挙げると、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。
加えて、リラックスした気分になれる効果も期待できます。
妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそういったものを解消してくれるでしょう。
妊活中にもかかわらず、好んで飲むのがコーヒーなどで、飲む習慣がある方は注意してください。
皆さんコーヒーにカフェインが含まれているのはご存じだと思いますが、その作用の一つに「体を冷やす」というものがあります。
冷えると血のめぐりが悪くなり、子供を授かるのに大きく関わる子宮の機能も下がってしまいます。
コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。
妊娠したい焦りもわかりますが重要なのは、妊娠初期に葉酸を意識して摂ることです。
葉酸を多く摂るのはいつまでか、という疑問が生じると思いますが、推奨されているのは、授乳が終わるまでです。
それは長すぎるというならば、少なくとも妊娠中期の終わりまでは葉酸の摂取を意識してほしいです。
葉酸は赤ちゃんのために摂るだけでなく母体にも重要な役割を果たす栄養素なので必要量が摂取できるように絶えず注意を払ってください。